吉田うどん彦兵衛

  • HOME
  • 吉田うどん彦兵衛
山梨県富士吉田の
絶品郷土料理・吉田うどんを、
善光寺門前の呉服屋で。
信州ではなかなか味わえない、
〝本当に美味しいうどん〟を
ご賞味ください。
また、週末の夜には、
女将が仕入れた旬の素材が
楽しめる隠れ家居酒屋を
オープンしております。
ぜひお立ち寄りください。


ご挨拶

私の故郷・山梨県富士吉田は、女性が主力となり織物業が発展した地。 米の採れない地域だったため、食事の用意担当だった男性が力強くこねたうどん“吉田うどん”がいつしか町の名物となりました。 幼い頃からうどんを食べ育ってきた私は、蕎麦はあるけれどうどんがない門前に、 “本当に美味しいうどん”が食べられるお店を作りたいと思うようになりました。 信州ではなかなか味わうことのできないコシのある硬い麺や、味噌の風味を感じる醤油ベースのお出汁―。 柔らかいうどんを召し上がってきた皆様にも、きっと気に入っていただけると思います。ぜひご笑味ください。

女将 武野綾子

噛めば噛むほど美味しい
富士吉田のご当地グルメ、
吉田うどん。

女将の故郷である山梨県・富士吉田の名物「吉田うどん」は、噛めば噛むほど旨みを感じる硬い麺と、醤油や味噌をベースにしたこだわりのスープが特徴の絶品郷土料理。トッピングは甘辛く煮た馬肉や茹でキャベツが一般的です。 吉田うどん彦兵衛では信州人の味覚に合わせ、ザラメで炒めて風味を効かせた豚肉をトッピング。麺も硬さやコシを残しつつ、食べやすくアレンジしています。醤油ベースの出汁に、隠し味として味噌を仕込んだスープは、さらりとしているのに癖になる味わいです。

繊細な嗅覚と味覚で食材を厳選。

富士山麓の美味しい水で打った、コシの強い麺。二種の鰹節と煮干しを配合した、思わず飲み干したくなる出汁。彦兵衛では、天性の“繊細な嗅覚”を持つ武野親子が、 強いこだわりを持ち食材を厳選しております。 女将は華道や茶道と並ぶ日本の伝統的な芸道、“香道”を嗜んでおり、楽しみ方のひとつである“源氏香※”で全問正解を獲得したこともあります。 親子が織りなす繊細な味わいをお楽しみください。

※組香の一。香五種を、一種五包ずつ合計二十五包打ち混ぜ、その中の五包を取って焚き、香の異同を判別する(以下省略)【出典:広辞苑】

吉田うどんに欠かせない
辛味調味料、すりだね。

吉田うどんに欠かせない“すりだね”は、赤唐辛子をベースにゴマや山椒を加え油で炒めた、富士吉田発祥の辛味調味料。彦兵衛のすりだねは、八幡屋礒五郎の一味唐辛子を使用した自家製の本格派。素材選びから製法まで、女将のこだわりが詰まっています。ただ辛いだけではない、旨味がギュッと凝縮されたやみつきになる味わいです。吉田うどんと一緒に、ぜひご笑味ください。

MENUメニュー一覧


  • ほうとう

    850円(税込)


  • 鍋焼うどん

    800円(税込)


  • 肉・天ぷらうどん

    700円(税込)


  • きんぴら・たぬきうどん

    650円(税込)


  • 季節限定
    ローストビーフ丼セット

    900円(税込)

〇かけうどん・・・500円(税込)
〇天ぷらうどん・・・600円(税込)
〇肉うどん・・・600円(税込)
〇きのこたぬきうどん・・・600円(税込)
※冷やしうどんに変更もできます。

ONLINE SHOP通販商品のご紹介

店主こだわりのオンラインショップ。お気軽にご注文いただけます。

  • すりだね
    すりだね
ページトップへ